ハイジニーナ脱毛をオススメする理由

ハイジニーナ脱毛とは、デリケートゾーンの毛が全てない状態のことを言います。

デリケートゾーンは、V,I,Oラインと呼ばれます。

Vライン=ビキニライン
Iライン=陰部周り
Oライン=肛門周り のことです。

これらすべての毛を脱毛することをハイジニーナ脱毛と呼びます。

ハイジニーナとはハイジーンという衛生的なという言葉からきています。

脱毛専用サロンなどではVIOラインすべて脱毛するコースのことをハイジニーナ脱毛と呼ぶ場合もあります。

海外セレブでは当たり前となっていて、
日本でもハイジニーナ脱毛をするという方は少なくありません。

もちろん陰部の毛なので、
脱毛するしないは個人の自由です。

しかし毛の処理をする必要がなく、
水着をきる際にも楽です。

そして生理時などのムレも改善されるそうです。

ただ、温泉など沢山の方の目に触れる場面では抵抗があるという方もいます。

そういった方はハイジニーナではなく、
部分的に脱毛するのが良いと思います。

サロンの方と相談しながら範囲を決めたり、
形を整えることができます。

ハイジニーナ脱毛のメリット.

ハイジニーナ脱毛をしたいという方は、
何らかの理由で無駄毛に悩んでいるのだと思います。

水着などを着る機会が多い、
自己処理ではお肌が痛む、
無駄毛が濃い、
など人それぞれ悩みは異なります。

無駄毛に対して悩みを抱えている人にとって脱毛をするということだけで大きなメリットです。

悩みが解消されます。

ハイジニーナ脱毛は、
普段露出することは少ない部分ですし、
大多数の方がしているものでもありません。

ただ、脱毛することで快適に過ごすことができます。

毛がなくなるので、
今までお手入れしていた方はそれが不要になります。

手間も省けますし、
お肌への負担もなくなります。

そして夏場も毛の処理に悩むことはありません。

そして生理時も毛によるムレがなくなるので、
快適に過ごすことができます。

ハイジニーナ脱毛は、
恥ずかしいと思う方も多いようですが、
最近では決して珍しいものではありません。

部分的にでもハイジニーナ脱毛をする方は確実に増えてきています。

ハイジニーナ脱毛にかかる期間と回数

脱毛効果には個人差があります。ハイジニーナ脱毛完了までの期間や回数にも人それぞれ違いがあります。また、医療機関とエステでも違いがあります。エステでの脱毛の方が回数が多く必要となります。

ハイジニーナ脱毛の場合、他の部位に比べ毛が太く濃いので、痛みを強く感じる場合があります。そのため、初めは弱い出力で施術を行い、毛が薄くなってきたら出力を上げて脱毛します。痛みは抑えることができますが、回数や期間はさらに必要となります。

医療機関では1年半~2年ほどが目安です。エステでの場合はこれ以上かかる可能性があります。ただ、医療期間は一度完了すれば生えてくることはないので永久脱毛が可能です。そのためなら頑張って通うことができるかもしれませんね。

(さらに…)

ハイジニーナ脱毛で生理時も快適

ハイジニーナ脱毛で生理時が快適になったという方はほとんどだと思います。毛がなくなることで生理時のムレが緩和されるので、快適に過ごすことができ、かぶれてしまう方などには最適だと思います。

ハイジニーナ脱毛というと、デリケートゾーンすべての毛を脱毛すると思っている方も多いようですが、細かく部位を選ぶこともできます。やはりすべての毛をなくすのには抵抗があるという方はIラインやOラインだけということも可能です。

正面からは普通に生えていても、陰部周りや肛門周りを脱毛していると言う方は多いかもしれません。それだけでも生理時はとても快適になると思います。

やはり費用がかかり、施術時は痛みも感じますが、生理時の肌トラブルや無駄毛に悩みを持っている方にはお薦めできます。

(さらに…)

ハイジニーナと呼ばれる人たち

温泉に行ったら、
アンダーヘアがツルツルの人がいてビックリした!
なんて経験はありませんか?

その様にアンダーラインの毛を脱毛をしてしまっている人の事を「ハイジニーナ」と、
そう呼んでいます。

ハイジニーナは、
もともとはハイジーンという衛生的である事を意味している単語から名付けられています。

では、どこら辺が衛生的なのでしょうか?

アンダーヘアには、
排泄(はいせつ)した時などに汚れがついてしまう事が多いのです。

しかし、ハイジニーナにすればそもそも汚れがつく様なヘアがないのでそんな心配は無用・・・なる程これは衛生的です。

そんなハイジニーナですが、
衛生面だけではなく美容においても効果がある事は言うまでもありません。

女性なら誰もが面倒だけどやらざるを得ない脱毛処理。

特に、夏が近づいてくるとアンダーヘアの処理に気を使わなくてはいけません。

しかしハイジニーナになってしまえば、
そんな面倒な処理とはオサラバする事が出来ます。

ちなみにハイジニーナは、
海外だと全てのアンダーヘアを永久的に脱毛をしている人が多いですが、
日本にはあえて一部のヘアを残している人もいます。

日本ではアンダーラインがツルツル過ぎると逆に恥ずかしいという人もいるのかもしれません。

しかしそれでも、
ハイジニーナが国内でも増えてきているのは確かです。

芸能人も多くがハイジニーナである事を告白していますし、
やがてはハイジニーナである事が別段珍しくもない時がやって来るのではないでしょうか。